Top >  弁理士試験 論文 >  弁理士試験 論文試験に対する勉強のコツ

弁理士試験 論文試験に対する勉強のコツ

平凡な発明者は、問題の分析に時間をかけていない。
解決策を考えるのに忙しいからだ。
(逆オークションの発明者=ジェイ・ウォーカー)


この言葉を、受験勉強に行き詰まった受験生に置き換えてみると、

 合格できない受験生は、不合格の原因分析に時間をかけていない。
 予備校に踊らされて暗記作業に忙しいからだ。

とでもなるでしょうか。

原因分析のヒントを提供すべく、僭越ながら
  『論文試験に対する勉強のコツ』
という駄文を作成してみたので、参考にしていただければ幸いです。

    目 次
1.弁理士試験における論文試験の位置づけ
2.法律の存在意義
3.法律に解釈が必要なのはなぜか
4.論文試験にて求められること
(1)複数の立場で考える
(2)法原理を使いこなす
(3)問われるポイントは3つ
(4)項目落ちをなくすには
5.日常生活における訓練のコツ
(1)仕事における訓練
(2)試験のシミュレーション
(3)バランス感覚の訓練
6.その他
(1)立法論を語るべからず
(2)皆が書くことは書くべきか
(3)相対レベルか絶対レベルかの区別

定価 525円(税込み)

お申し込みは下記をクリックしてください。
 >>お申し込み

弁理士試験 論文

弁理士二次試験の論文試験についてのコツを的場独自の視点からアドバイスします。

関連エントリー

弁理士試験 論文試験に対する勉強のコツ